ご挨拶

明けましておめでとうございます

昨年を振り返りますと、一般部は、日本最大の書道展、毎日展にて3名が入選されました。新春書展にて9名が受賞され、私自身も準大賞を授賞しました。また、岑玉書道教室3人目となる「教育部師範」が誕生しました。

学生部は、新春書展にて9名が受賞、またその中の1名は、最高賞に次ぐ「日本書作研究連盟準大賞」を受賞し、岑玉書道教室始まって以来の快挙となりました。  また、10月号の書游誌上では、難波教室の生徒さんが「特選」に選ばれました。 「特選」とは、毎月の書游誌で全国から1名選ばれ、盾の贈呈と共に、書游誌に作品が掲載される、最高賞です。 岑玉書道教室では歴代2人目となりました。

私自身は、初めての出産を経験しました。皆様には、お稽古の調整など協力頂き本当に有難うざいました。  お陰様で、11月5日に無事に男児が産まれました。皆様からの温かい励ましのお言葉やお心遣いが身に染みました。

引き続き、それぞれの個性を伸ばし、「上手に書けた!」と笑顔になって頂けるお教室を目標に、 精進致します。

学生部の保護者の皆様、お子様の自宅での様子などで、お稽古に関してお気づきの点や質問などざいましたら、お気軽に相談下さい。保護者の方と一緒に、お子様の成長をサポートさせて頂きたいと思います。

結びになりましたが、皆様の健勝と多幸を心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です